• 生前贈与の特例贈与と一般贈与の違いとは

    • 生前贈与のうち、暦年課税の対象となるものに特例贈与と一般贈与があります。



      この暦年課税は、1月1日から12月31日の1年間にもらったお金が対象となり、このうち110万円までは非課税となり、そのため、生前贈与で毎年110万円ずつお金をあげることで、控除を受けることもできます。
      ところでこの特例贈与と一般贈与についてですが、前者は祖父母から孫、あるいは両親から子供というように、直系尊属からの贈与を指します。

      goo ニュース情報の公開中です。

      この場合、子供や孫は1月1日現在で、20歳以上でないと特例贈与はできません。未成年の子供や孫に贈る場合は、一般贈与になります。



      特例贈与の場合は、年間200万円以下の場合は10パーセントで、これは一般贈与と同じですが、1000万円以下の場合は特例控除が30パーセントであるのに対し、一般贈与は40パーセントとなります。


      さらに一般贈与の場合は、3000万円を超えると税率が55パーセントになるのに対し、特例贈与は4500万円を超えないと、税率は55パーセントになりません。


      もちろんこの場合は、まず基礎控除額である110万円を引いてからの計算になりますし、控除額もありますが、特例贈与は一般贈与に比べて税率が低いことがわかります。


      ただし、自分の両親と配偶者の両方から生前贈与を受けたりした場合は、税金はどのように計算するべきでしょうか。

      この場合はまずすべてを一般贈与として税額計算します。
      次にすべての財産を特例贈与として税額計算し、その両方を足したものが課税額となるわけです。

  • みんなの常識

    • 生前贈与についてです

      生前贈与は生きている間に財産を譲るという制度のことなのですが、その方法について知っておくと良いでしょう。一般贈与の基礎控除を利用する方法の場合、贈与税の計算は一年を区切りとして考えることになります。...

  • 法律の特徴紹介

    • 生前贈与の賢い活用術

      生前贈与とよく耳にしますが、どんな仕組みで賢く活用できるのかと考えますよね。まず生前贈与とはなにかですが、文字通り生きている時に財産を贈与するということなのですが、財産を贈与する時に贈与税と言った税金がかかってしまうのです。...

  • 1から学ぶ法律・法律の秘密

    • 生前贈与は相続税対策に有利

      そもそも贈与は、自分の財産を他社に無償で与えることです。財産を与える側を贈与者、もらう側を受贈者と言います。...

    • 生前贈与についてです

      生前贈与とは生前に贈与することであり、1年間に取得した財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの金額に対しては贈与税がかかります。つまり1年間に取得した財産の合計額が110万円以下の場合、贈与税はかからないので申告も不要です。...