独立の不安を考えるとどうしても思い切ったことができない

あまり会社組織に縛られたくはないとおもいながらも、どうしても独立の不安を考えるとどうしても思い切ったことができないということもあるものです。
たしかに独立をしてしまうと、あとはすべてが自分でしなければならないので、とても重圧になります。
少しでもその重圧を軽減しながら、独立を果たしたいものです。

そのためにフランチャイズに加盟することはとても有効な手法だといえます。何もない状態から独立をするのではなく、すでにビジネスとして成立しているモデルをそのまま受け入れる形での独立が可能になります。もちろんフランチャイズの本部とは、様々な契約をすることになります。

最も重要なことはやはり長期にわたる金銭の契約です。それとともにフランチャイズでビジネスを展開することに対してどのようなサポートを実質的に受けられるのかということも重要です。


ただ単に商品の販売だけを任されるところもあれば、店舗経営を丸ごと任されるオーナーとしての経営となるようなところもあります。
フランチャイズに投資できる金額と、将来性、そしてどれだけ経営を安定して行えるかなど様々な要素から判断していきたいものです。

フランチャイズで参入できる業種はとても幅広いものがあります。

たしかに一見するととても魅力的な仕事はとても多いものです。

しかしこれまでの経験や資金力などから絞り込みをしていると、ある程度の数に絞り込みができてくるようになってくるものです。

http://www.jsda.or.jp/manabu/stock/
http://kakaku.com/fund/
http://www.jp-bank.japanpost.jp/toushin/